图书

*此页包括用日文写的项目。

  • 关键词
  • Telexistence / VR / AR
  • Autosteroscopy / RPT
  • 触觉/感知
  • 导盲犬机器人/假肢
  • 双谱/信号处理
  • 2010-2019
  • 2000-2009
  • 1990-1999
  • 1980-1989
  • 1970-1979

馆暲(监修):??よくわかるVR何ができる社会はどう変わる,PHP研究所,ISBN 978-4569788777(2019年7月31日)

馆暲(分担执笔):バーチャルリアリティ,共存のコスモロジー,UPU,第93-104(1992)

[PDF]

通産省アールキューブ研究会編:アールキューブ ―立花隆vs吉川弘之 ロボティクスの未来を語る-、日刊工業新聞社、ISBN4-526-03816-4 (1996.1)

馆暲:Telexistence第2版,世界科技,ISBN 978-981-4618-06-9(2015年)

馆暲·佐藤诚·广瀬通孝(监修·执笔),日本バーチャルリアリティ学会编:バーチャルリアリティ学,コロナ社,ISBN978-4-904490-05-1(2011年1月11日)

馆暲:Telexistence,世界科技,ISBN-13 978-981-283-633-5(2010)

馆暲(分担执笔):离れていても存在感を伝えあう,
ヒューマン・インフォマティクス(長尾 眞 監修), 工作舎,
ISBN4-87502-386-3(2005)

馆暲:电信,Teleimmersion和Telexistence II,Ohmsha,IOS出版社,ISBN 4-274-90638-8(Ohmsha)ISBN 1-58603-519-3(IOS出版社)(2005)

曼努埃尔A.无敌舰队,巴勃罗Gonzarez德·桑托斯和馆暲(编):测量与控制的机器人,研究所德。自动化工业,理事会全国高级科学调查德Cientificas,西班牙,ISBN84-607-9693-0(2003)

馆暲:电信,Teleimmersion和Telexistence,Ohmsha,IOS出版社,ISBN4-274-90586-1(Ohmsha)ISBN1-58603-338-7(IOS出版社)(2003)

馆暲:バーチャルリアリティ入门,ちくま新书,ISBN4-480-05969-5(二○○二年十月二十○日)

馆暲:ロボット入门;つくる哲学·つかう知恵,ちくま新书,ISBN4-480-05938-5(2002年3月20日)

馆暲(分担执笔):相性のよい人工物を求めて - ロボットとバーチャルリアリティの现在,相性(东京大学公开讲座),ISBN-10-4130031023,东京大学出版会(2001.2)

馆暲(监修),伊福部达(编):バーチャルリアリティの基础4;人工现実感の评価= VRの生理·心理·社会的影响,培风馆,ISBN4-563-01534-2(2000年2月29日)

馆暲(监修),广瀬通孝(编):バーチャルリアリティの基础3;VR世界の构成手法= VR环境の创世·演出·コンピューティング,培风馆,ISBN4-563-01533-4(2000年2月29日)

馆暲(监修),佐藤诚(编):バーチャルリアリティの基础2;人工现実感の设计=究极のインタフェースを求めて,培风馆,ISBN4-563-01532-6(2000年2月29日)

馆暲(监修·编):バーチャルリアリティの基础1;人工现実感の基础=临场感·现実感·存在感の本质を探る,培风馆,ISBN4-563-01531-8(2000年2月29日)

馆暲:ロボットから人间を読み解く;バーチャルリアリティの现在,NHK人间讲座,日本放送出版协会,ISBN4-14-189024-3(1999年10月1日)

馆暲(分担执笔): バーチャルリアリティとはなにか,バーチャルリアリティ  -人工現実感と人間のかかわりを考える-,pp.8-21,クバプロ,pp.8-21(1999.10)

馆暲(分担执笔):バーチャルリアリティとテレイグジスタンス,21世纪の医学,庆応义塾大学出版会,pp.153-162(1998.11)

M.Ohkura,Y.Yanagida and S.Tachi: Sound distance localization using virtual environment, Symbiosis of Human and Artifact, Elsevier Science B.V., pp.485-490 (1995)

馆暲:人工现実感,日刊工业新闻社,ISBN4-526-03189-5(1992年9月25日)

馆暲,广瀬通孝(编著):バーチャル·テック·ラボ,工业调查会(1992.6)

馆暲(分担执笔):人工现実感システムへの応用,センサーフュージョン,コロナ社,第250-266(1992)

馆暲(分担执笔):制御技术,极限作业ロボット,工业调查会,pp.115-155(1992)

馆暲(共编および分担执笔):センサのインテリジェント化とロボット,センサの事典,朝仓书店,pp.422-427(1991)

馆暲(分担执笔):远隔临场システム,ロボット工学ハンドブック,日本ロボット学会,コロナ社,第587-593(1990)

馆暲:自律移动ロボット(知的ロボティクス编章主任),人工知能ハンドブック,人工知能学会,オ - ム社,第914-929(1990)

馆暲(分担执笔):ロボティクス(知能·システム技术),新版机械工学便覧,C4-メカトロニクス,pp.119-125,日本机械学会,第119-125(1989)

安西佑一郎,坂村健,馆暲ほか:电脳都市感覚,NTT出版ISBN4-87188-050-8(1989)

馆暲(分担执笔):自动化システム·メカトロニクス(自动化とメカトロニクスの考え方),电子情报通信ハンドブック,电子情报通信学会,オーム社,第2771(1988)

馆暲(分担执笔):ロボットの感覚机能と认识(テレイグジスタンス),电子情报通信ハンドブック,电子情报通信学会,オーム社,pp.1305-1306(1988)

馆暲(分担执笔):ロボットの感覚机能と认识(センサ),电子情报通信ハンドブック,电子情报通信学会,オーム社,pp.1303-1305(1988)

馆暲(分担执笔):感覚代行装置,センサハンドブック,培风馆,pp.1108-1112(1986)

馆暲(分担执笔):ロボットのセンシングシステム(概说),センサハンドブック,培风馆,pp.861-862(1986)

馆暲(分担执笔):产业用ロボットとセンサ,センサハンドブック,培风馆,pp.827-832(1986)

馆暲(分担执笔):ロボット编(はじめに),计测の自动化とロボット(ダイナミックシステムの设计法),コロナ社,pp.226-230(1986)

舘 暲, 森下巌 ほか: ロボットの制御,計測自動制御学会 (1985)

馆暲(分担执笔):ロボット,メカノプティクス入门,工业调查会,pp.120-147(1985)

馆暲,白井良明:画像处理とパターン计测技术,日本机械学会编,朝仓书店(1985.4)

馆暲:自然とロボット(盲导犬),桐原书店(1985.4)

馆暲:メカトロニクスのはなし,日刊工业新闻社(1984.11)

S.大溪:康复机器人,计算机科学与技术,JARECT,第12卷,pp.236-250(1984)

馆暲(分担执笔):半导体视覚センサのロボットへの応用,メカトロニクス入门,日本机械学会编,技报堂出版,pp.107-129(1984)

馆暲(分担执笔):人间支援のためのロボット技术,ロボット工学とその応用,电子通信学会,pp.267-299(1984)

馆暲(分担执笔):ロボットの制作と自动制御,现代体育·スポーツ大系(身体运动の科学),讲谈社,第7,第220-225(1984)

馆暲(分担执笔):カーズワイルの読书机,医学最前线からの报告,保健同人社,第196-206(1979)

馆暲(分担执笔):知能ロボット,80年代の新技术·新商品,工业调查会,第16-17(1979)